死んだらこの家をあげると言われたのですが

俺が死んだらこの家をあげる、は死因贈与とされます

遺言と良く似ているものに死因贈与があります。
決められた方式で書かれなければならない遺言 に対し、死因贈与は契約であり口約束でもよいのです。
違いは「双方の合意」があるということです。


“死んだらこの家をあげると言われたのですが”の詳細は »

相続税のかからない財産だってあります

相続税では原則として、相続などで受け取った財産すべてに課税されます。しかし、課税されない財産もあるので覚えておくといいでしょう。

相続税では原則として、相続などで受け取った財産すべてに課税されます。

しかし相続税が課税されない財産もあります。
“相続税のかからない財産だってあります”の詳細は »

戸籍や添付を相続で求められる書類の紹介

被相続人の子(及びその代襲者)で死亡している方がいる場合,その子(及びその代襲者)の出生時から死亡時までのすべての戸籍と結構戸籍の量は多くなります

【申述人が,被相続人の兄弟姉妹及びその代襲者(おいめい)(第三順位相続人)の場合(先順位相続人等から提出済みのものは添付不要)】
“戸籍や添付を相続で求められる書類の紹介”の詳細は »

どのような相続の開始の形があるのかを知る

相続開始後3つの相続手続のいずれかを選択しなければなりません

相続が開始した場合、相続人は次の三つのうちのいずれかを選択することが可能です。
(1)相続人が被相続人(亡くなった方)の土地の所有権等の権利や借金等の義務をすべて受け継ぐ単純承認
“どのような相続の開始の形があるのかを知る”の詳細は »

遺言が実行される前の相続権って何

相続分の譲渡が第三者に対して行われた場合は、第三者である」譲受人を含めたところでの遺産分割協議が必要に なってしまいます。

相続分の譲渡が、他の相続人に対して行われた場合なら、譲受人の割合的な相続分が増加するだけであり、その後の手続が相続人によって行われる通常の遺産分割協議であることに違いは生じません。
“遺言が実行される前の相続権って何”の詳細は »